交通事故は慢心運転が原因

弁護士にお願いする

Written on 16年9月20日   By   in 未分類

慰謝料の請求をする時には素人が突然慰謝料の請求を行って支払われるものではありません。請求方法にはしっかりと決まったやり方がありますので正しい方法で請求する必要があります。内容証明を送付した時点で支払に応じてくれるケースもありますが、多くの場合でも支払に応じてくれませんので調停や裁判などで請求することになります。

 

その際には、これまでの証拠提出をはじめとして事実調査なども必要になりますので質疑応答に対し、自分だけではわからないことが沢山あります。
調停であれば弁論という形で双方の意見などを聞くことになりますが、裁判の場合にはゆっくりと状況を話している時間はありませんので、できる限り証拠をそろえた上で裁判を起こす必要があります。また裁判を起こすためには訴状を提出しなければなりませんが、訴状に関しても素人な知識を持たず捨てるのは非常に難しいといえるでしょう。

 

そこで何らかの事情により慰謝料請求をするというケースでは、弁護士さんにお願いして様々な手続き方法のアドバイスをもらいましょう。内容証明の送付に関しての素人が行うよりも弁護士さんが行う方が効果があります。ここで効果が出れば、わざわざ訴訟を起こす必要がありませんので、時間や費用などを削減して請求をすることができます。

相場を把握する

Written on 16年9月19日   By   in 未分類

一般的に法律に携わることのない立場の人間が慰謝料の相場を算出するのが難しいと言われています。ケースバイケースですので、相場というものが存在せずに状況に応じて決まってくるものばかりです。しかしながら専門機関への相談などをすることによって前例などを参考にしながらある程度の金額を教えてもらうことができます。その上で自分が整形しようと思っている金額に達しているのか遥かに届かないのかなということを判断した上で本格的に請求するかどうかを考える必要があります。

 

さほどを送る金額が支払われないケースで訴訟など起こしてしまうと、そこで必要になる費用の方が大きくなってしまいます。また相場を把握してみて相手の経済的な状況なども考える必要があり、ほとんど収入のない状態であればどんなに請求をしても支払いが行われないものとなってしまいます。交通事故や傷害事件などの慰謝料であれば前例を参考にすることも比較的安いのですが、特に離婚問題に関しては夫婦によって様々な事情がありますので金額が決まるまでには長い時間がかかってしまうこともあります。

 

相場を知るためには、インターネットによる情報収集を始め、やはり専門機関などに相談しながらある程度の目安を知っておくようにしましょう。その上で請求に関し必要な費用を計算することによって、請求したほうが得かどうかを冷静に判断することができます。

直談判は無意味

Written on 16年9月16日   By   in 未分類

慰謝料に関して支払う側として受け取る側の意見が食い違ってしまうのは当然です。支払う側は少しでも金額を下げたいと思い、受け取る側は少しでも多くしたいと思うものでしょう。そのためよほどの理由がない限り、直談判をしてもスムーズな解決には至らないというケースがほとんどです。離婚問題などの場合には離婚を持ち出した側が早く離婚を成立させるため少々高い慰謝料を支払ってくれるケースもありますが、それ以外では基本的に金額を渋られてしまうことがほとんどです。

 

また直談判をしているうちに、双方が感情的になってしまい話がこじれてしまうようなことも考えられます。そのため、できる限り直談判を避け、公的機関への相談や専門家はファイルに挟んでの話し合いを進めていくようにしましょう。どのような状況で発生した慰謝料なのかについては冷静に判断してもらうことにより、そもそも慰謝料の支払いが発生するのかどうかについても知ることができます。

 

意図的に請求されたからといって、必ずしも払う必要はなく本当に支払わなくてはいけないのかを確認することから始めた方が良いでしょう。金額に関しても、必要以上に支払ってしまうことがないようにできる限り直談判は避けスムーズな解決へと注力しましょう。

様々な慰謝料について

Written on 16年9月10日   By   in 未分類

慰謝料というのは様々な場面で発生するものです。それぞれの場面によって請求方法や金額などは変わってくるのですが、一般的に慰謝料について話し合いをするときにはどうすれば良いのかについてや、それぞれの場面によっての相場などを知ることはとても大切です。離婚をはじめとして、その他にも交通事故や精神的又は身体的な障害に対しての慰謝料等がありますが、基本的に直談判は避けた方が良いと言えます。

 

交通事故などであれば、相手の保険会社が入り金額についての交渉等を行うこともできますがそうでないケースでは、基本的に弁護士に依頼した方が良いと言えます。特に離婚を除くケースでは弁護士に依頼する方が最終的な慰謝料の金額が多くなる傾向にありますので覚えておきましょう。前述の通り決まった側というものがありませんので、ケースバイケースで金額を算出していかなければなりません。

 

素人が知識を持たず金額を計算しようと思っても簡単に決まるものではありませんので、専門的な知識を持つ立場の人に決めてもらうのが一番といえるでしょう。また、相場を把握した上で更に金額を高くするためにはどんなポイントに気をつければ良いのかなども相談すると良いです。弁護士さんにお願いする時にはできるだけわかりやすく話を簡潔にまとめておくとさらにスムーズです。間違っても相手をおどかして請求をするようなことはしないようにしましょう。どんな時に発生するのかについて日常生活の中である程度知っておくと、助かる場面があります。

 

 

Link>>交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所