交通事故は慢心運転が原因

弁護士にお願いする

Written on 16年9月20日   By   in 未分類

慰謝料の請求をする時には素人が突然慰謝料の請求を行って支払われるものではありません。請求方法にはしっかりと決まったやり方がありますので正しい方法で請求する必要があります。内容証明を送付した時点で支払に応じてくれるケースもありますが、多くの場合でも支払に応じてくれませんので調停や裁判などで請求することになります。

 

その際には、これまでの証拠提出をはじめとして事実調査なども必要になりますので質疑応答に対し、自分だけではわからないことが沢山あります。
調停であれば弁論という形で双方の意見などを聞くことになりますが、裁判の場合にはゆっくりと状況を話している時間はありませんので、できる限り証拠をそろえた上で裁判を起こす必要があります。また裁判を起こすためには訴状を提出しなければなりませんが、訴状に関しても素人な知識を持たず捨てるのは非常に難しいといえるでしょう。

 

そこで何らかの事情により慰謝料請求をするというケースでは、弁護士さんにお願いして様々な手続き方法のアドバイスをもらいましょう。内容証明の送付に関しての素人が行うよりも弁護士さんが行う方が効果があります。ここで効果が出れば、わざわざ訴訟を起こす必要がありませんので、時間や費用などを削減して請求をすることができます。