直談判は無意味

慰謝料に関して支払う側として受け取る側の意見が食い違ってしまうのは当然です。

支払う側は少しでも金額を下げたいと思い、受け取る側は少しでも多くしたいと思うものでしょう。

そのためよほどの理由がない限り、直談判をしてもスムーズな解決には至らないというケースがほとんどです。

離婚問題などの場合には離婚を持ち出した側が早く離婚を成立させるため少々高い慰謝料を支払ってくれるケースもありますが、それ以外では基本的に金額を渋られてしまうことがほとんどです。また直談判をしているうちに、双方が感情的になってしまい話がこじれてしまうようなことも考えられます。

そのため、できる限り直談判を避け、公的機関への相談や専門家はファイルに挟んでの話し合いを進めていくようにしましょう。

どのような状況で発生した慰謝料なのかについては冷静に判断してもらうことにより、そもそも慰謝料の支払いが発生するのかどうかについても知ることができます。意図的に請求されたからといって、必ずしも払う必要はなく本当に支払わなくてはいけないのかを確認することから始めた方が良いでしょう。

金額に関しても、必要以上に支払ってしまうことがないようにできる限り直談判は避けスムーズな解決へと注力しましょう。